<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

5月25日から三日間 福岡のRKBで新人研修
毎年 ラジオの世界に踏み込んだ初心を思いだす・・
百道浜は眺めがいい~


f0173150_21353410.jpgf0173150_2136176.jpg


昨日(5/29)は クロスFM 旧社屋にて
最後の勤務
いよいよコレットのスタジオに完全に移転
開局からの思い出がつまったスタジオ


f0173150_21473954.jpg

f0173150_21495414.jpgf0173150_21502573.jpg


f0173150_21511945.jpg


そして 今日(5/30)は子供の運動会
充実でした・・が 草取りの体力はなかったー(笑)  
f0173150_22195650.jpg
 
[PR]
by chouukyo | 2010-05-30 21:40 | 日々
f0173150_22384263.jpg


おつかれさん 
[PR]
by chouukyo | 2010-05-29 22:40 |
土日・・雨
「刈った草を燃やせないなー」
と不服そうにしていただんな
この一角をみたら・・・

一雨ごとにすごい伸び。

週末は 草取り・・やね。 



f0173150_1075494.jpgf0173150_1081777.jpg


写真左はほとんどがどくだみ
花が咲きはじめました。


f0173150_1010334.jpg f0173150_1931380.jpg

気になっていた「どくだみ茶」作ってみようかな


f0173150_19322967.jpg午後7時20分
日韓戦がはじまった
うわっ 
キックオフから6分 
韓国がもう点入れたー
[PR]
by chouukyo | 2010-05-24 10:13 |
f0173150_15495382.jpgf0173150_1645991.jpg


f0173150_1655724.jpgf0173150_1663074.jpg


f0173150_1675668.jpgf0173150_16125478.jpg


花も好きだけど・・葉も大好き!
今の季節はたまらない
山を眺めても いろんな緑にドキドキする

写真は庭の 
山あじさい  斑入り山ぶどう  菊  槇  月桂樹  紫陽花 
さるすべり  すみれ  もみじなど・・

斑入り山ぶどうと山紫陽花を山野草展で買った時
育てたおじさんが走ってきて 

「今の季節は絶対に水を絶やさないでね」と。

大事に育てたことが伝わって・・
売りたくないようにも感じました。

山紫陽花は
どんな花か・・色も知らずに買ったのですが
花が咲いた時は宝石みたい・・と感動でした。
斑入り山ぶどうは
葉の形が不思議で・・
茎は赤く、
葉にはうすいピンクが入ってとても美しい。

二つの鉢をならべたり あわせたりしながら
なげいれすると・・とイメージする。

菊の新緑も美しくて 
山紫陽花と山ぶどうの横にならべたんだけど・・・
菊の葉があじさいの花のようにも見えます。
そのうしろに地植えしたオダマキ。
いろんな緑の中 オダマキの葉の独特な緑が際だちます。
このスポットが好きで 水をやりながら毎日眺めます。

あ・・
子供たちに葉っぱの標本をつくらせるってよくない!?
庭図鑑もいいねー
今年の夏休みの宿題に・・・・(ニマー)
うまーく のせないけん(笑)
[PR]
by chouukyo | 2010-05-23 16:13 |
ニワゼキショウ(庭石昌)


f0173150_2116439.jpg


かわしまよう子さんの「草手帖」によると

アヤメ科 花期 五月~六月 多年草
北アメリカ原産の雑草
日本には明治時代に渡ってきた。
当時は植物園に植えられていた・・・

となっている。

今 庭中に足下にふわふわ浮くように咲いていて・・
つま先立ちになって歩けなくなる(笑)
踏みたくないなーって。
つぼみはまんまるだ
[PR]
by chouukyo | 2010-05-23 00:00 |
f0173150_2122971.jpgf0173150_21223678.jpg


とてもキュートなTさん
ダイナミックで自由なYさん
いろんな方の花を見れるのが花会の魅力のひとつ。


五月の花会 花材

・ドウダンツツジ         ・夏ハゼ
・うつぎ(白の一重)       ・コバノズイナ
・シャクヤク             ・シラン(紫と白)
・カンパニューラ          ・ベロニカ
・エビデンドラム          ・ベルてっせん

           『ベザレル』(Bezaleel)さんより
           福岡県うきは市吉井町鷹取1458-7
           電話 0943-76-5660


Rさんのお庭から    卯の花     コバノズイナなど

聴雨居の庭から    シャクヤク  どくだみ しもつけ シラン
              アザミ  野薔薇とうつぎの新緑など
[PR]
by chouukyo | 2010-05-22 22:00 | 花会
f0173150_120450.jpg




久々の更新です>俺。

何故か、最近、忙しい。
いくつかの仕事やプロジェクトを掛け持ちしているのは、20代の頃からのことで
今に始まったことじゃないけど、色々なことが急に動き出したり、新しい企画が持ち込まれたりで
また、それらが密接に関連づいていたり、締め切りがタイトだったり、共同作業だったりで
どれひとつとして後回しに出来ないことばかりであり、
一方で休日になれば、子供たちと遊びたかったりもするので
なかなかどうして時間繰りが上手くいかなくて、疲れからか、久々に歯茎が腫れていたりもするのです。
だけど、そういう状況から逃げ出したいかというとそういうわけでもなく
楽しいわけじゃないけど、無心にやり続けている。
良い悪いは別にして、パソコンに向かい続けているのにネットをする時間はほとんどなく、
本を読む時間は全くない。(1Q84だけは、読んだけど)
それは、家族の面々も同様で、4月より、何かと新しいことと向き合うようになって
ゆったりする時間なく動き続けている。
この状況の良否は分からないけど、多分、今の僕らにとっては悪くないのだろうと思うようにしている。
そんな中、2日間、家族から時間をもらって、黒田泰蔵さんのアトリエにお邪魔してきた。
作品の撮影をさせていただいたのだけど、強烈な2日間だった。
探検隊のような装備で、撮影セットを写真家の暮石犬吾とともに背負い、新幹線を使って6時間半。
昼過ぎに到着してほどなく撮影を開始。
翌日の夕方までかけて、700カット以上を撮影させていただいた。
ご存知のとおり、近年の黒田泰蔵さんは、ファインアートの世界で作品を発表しており
聴雨居はもちろん、有名なギャラリーでさえ入手することが出来ない。
つまり、新作を購入することが出来ないということだ。
今回の撮影も、その写真をどうこうというプランは全くなく、ある意味、僕のリクエストに黒田さんに応えていただき
アトリエにお邪魔させてもらっただけのことだ。
何故か?
ただただ、黒田泰蔵さんを感じたいからだ。自分の甘さを認識したいからだ。
新作であろう小さな平皿を見せていただいた。
昨年の秋も撮影に行ったときとは違う“進化した宇宙”がそこにあった。
「1ミリでも追いつきたい」と思って日々過ごしたはずなのに、引き離されたような気がした。
だから、まだまだ、僕は足りていない。
もっともっとやり続けないといけない。
[PR]
by chouukyo | 2010-05-21 01:16 | 日々
f0173150_21313866.jpg
[PR]
by chouukyo | 2010-05-14 00:00 | 花会
f0173150_8491039.jpg
[PR]
by chouukyo | 2010-05-13 08:53 | 花会
f0173150_23585683.jpg


( H22.4.11 撮影 平尾台 )
[PR]
by chouukyo | 2010-05-05 23:59 | 日々