<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0173150_10541564.jpg


先日、聴雨居の縁側から庭に出たところ、ふわっとしたものに包まれた。
その正体が何だろうと妻に尋ねたところ、「水仙のかおりだと思う」とのこと。
なるほど。
インプット。
[PR]
by chouukyo | 2010-01-28 10:58 | 花会
f0173150_1651417.jpg



日曜日、ポカポカ暖かかったので、小倉南区の高蔵山へ行ってきました。
小倉の都心から30分くらい(車)で、こんな場所があるのは北九州の素晴らしいところです。



f0173150_1692937.jpg


登山口付近は、ほどよく整備されており、子供たちは、まずサッカーで楽しみます。
僕はサッカー大好きなので、もちろん、参加。全力で戦います。
が、来る途中で寄ったマック(朝マックのソーセージマフィンが好きなのです)のせいか
吐きそうになって休憩・・・死ぬかと思ったw。



f0173150_16152878.jpg


それから、てくてく歩いていると、スポット的に残っている雪を発見。雪だるまの跡かいな。
子供たちは、「雪だ、雪、雪」と走って向かい、わずかな雪を原資に雪合戦開始。
どこ行っても、純粋というか、単純というか・・・。



f0173150_16181674.jpg


最後に長男が見つけた木の実。
サッカーボールみたいだと、自慢げに見せてくれた。
[PR]
by chouukyo | 2010-01-18 16:19 | 日々
f0173150_11151929.jpgf0173150_11153732.jpg


Nさんより生ハムをいただきました。
手づくりです!!!
ブロックでいただき、
「なるべく広い面で切るといい」とアドバイスを受けたので
どうカットしていいものか思案した後、意を決してカット。
最も広い面でカットしたつもりが、
後々、もう一度考えてみると
この面は、2番目に広い面なんだよな・・・。
でも、そんなこと忘れてしまう味でした。
美味しかった!
子供たちは
「おいしいハムを売っている店を見つけたん?」
と興奮状態で食べていましたw。
生ハムって、手づくり出来るんですね。
そういえば、Nさんがディレクターをしているラジオ番組で、
ハムやベーコンを手づくりするためのワークショップをやっている店のことを
話しているのを車で聞いたような気がする。

むむむ・・・
ベーコンも食べてみたくなってきた。
手づくりのやつ。



・・・・・・Nさんのつくったベーコンw
[PR]
by chouukyo | 2010-01-14 11:26 | その他
写経のように、同じ構図の絵を描き続けているということを以前の日記で書いたけど
数えてみたら、90枚になっていた。
あと10枚。
キャンパスの上に色を乗せていきながら、無心になるべく描き続けてきた。
100枚に到達した地点で何か見えるものがあるといいなと思ってきたけど
多分、そこには何もないような気がする。
それが残念なことかというと、そうでもない。
僕は、とかく“結果”の見えることをやりたがるキライがある。
それは、経験値の低いものは、なかなか手を出せないことに繋がるし
どうやら、それが優柔不断な性格にも繋がっていると思う。
大切なのは、“結果”を出すためにどうやるかということと
“結果”を求めず、無邪気にやり続けるくらい好きかどうかだ。
100枚に到達したら、次の“100”に取り掛かる。
“100”を自分の中に約束して、やり続ける。
[PR]
by chouukyo | 2010-01-11 01:46 | 日々
年末のことだけど、大中和典さんのアトリエに行った。
ロクロでひいたばかりの皿の見せてもらったのだけど、“手”のあとがありあり残るそれは
とても美しいものだった。
これを乾燥させ、焼きを入れて、磨いて。。。という工程を経て、僕らの手許に届く。
テマヒマかかってるよな。
百均で同サイズの皿が売っている中、この不況の中、どうやって、それらの価値を正しく伝えるかが
作家さんや僕らのテーマなんだけど、なかなか難しい。
ものづくりをしている人々が報われる世の中になることは、豊かな国になることでもあると思う。
お手軽に安く使い捨てられるものばかりじゃ、味気ないぜ。
そんなことを大中さんとも話した。

ならば、どうやって届けるか?

このことを大中さんと共に模索していく。
[PR]
by chouukyo | 2010-01-07 12:54 | 日々
大晦日の北九州は、ほんの少しだけど、雪が積もった。
紅白を見て、実家からもらった餅を食べ、マイケル・ジャクソンのDVDを見ながら
妻と子供たちは、布団に入っている。
もともと僕は、季節感も何もない生活をずっとしてきて、それは今もあまり変わってないのかもしれないけど
少なくとも、四季のうつろいは、以前よりも、“気づく”ことが多くなった。
それは、残された時間が、実はあまり多くないかもしれないと意識するようになったからだろう。
ただ生きているだけでは、だめだ。
生きていることを実感するための何かをやり続けなければいけない。
来年は、照れずに“アート”で攻めよう。

良いお年を!
[PR]
by chouukyo | 2010-01-01 01:24 | 日々