<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0173150_11443948.jpg

先週末、門司のスタジオに黒田泰蔵さんの器を持ち込み
花をずさずさと置き、撮影をしました。
お題は、『月』。
写真は、もちろん木寺さんです。
『書』『油絵』『写真』を担当する作家さんが、各1点だけ制作したものを
ホテルのバーで、お酒を飲みながら楽しむという企画です。
静かながらMADな作品にしようと、僕らにしては珍しく(初?)、
長時間の撮影を休憩なしで集中しました。(いつもは、だらだらなのです)
作品は、60センチ×200センチの巨大なものに。
ここにアップしているのは、製作途中のカットです。
完成版は、ぜひ、ホテルに赴いてごらんください。

=================

『酔ふ。~月の抄~』

作品展示 11月21日(土)~25日(水)
リーガロイヤルホテル小倉
CELLAR BAR(セラーバー)
営業時間17:30~24:00
チケット3千円
(3種類のカクテルのうち2杯を選んで飲むことが出来ます。)
[PR]
by chouukyo | 2009-11-19 11:45 | 日々
現在、わたしのパソコンが壊れてしまっており
いただいたメールの確認と返信等が出来ない状況です。
今夜、復旧のために入院させましたので、
急な連絡がございましたら 携帯電話でお願いいたします。
または、下記のアドレスにメールしていただければ、
携帯電話で確認出来るようにしましたので
ご利用ください。
(ただ、8日以前にいただいたメールの確認は
まだ出来ない状況です。 8日以降いただいたメールの
返信も少々遅れることもあると思います。すみません!)
seazuka33@yahoo.co.jp
ご面倒をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

S(聴雨居)
[PR]
by chouukyo | 2009-11-08 22:31 | その他
聴雨居でのはじめての和紅茶の会ですが、無事、終了しました。
お越しになっていただいた13人のゲストの方々、講師の岡本さん、
手伝ってくださった杉さん、本当にありがとうございました。
行き届かぬ点もあったかと思いますが、今後もお付き合いお願いいたします。
企画をオーガナイズすることは、決して楽しいことばかりでないけれど
終えたときの、いくばくかの寂寥感とそれを凌駕する充足感に尽きると思います。
今後、なるべくたくさんの企画を打っていこうと思っていますので
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by chouukyo | 2009-11-06 11:59 | 企画
f0173150_0153442.jpg



和紅茶の会を明後日に控え、着々と準備を進めている昨今です。
その中のひとつ、器や古道具の入れ替えをしました。
ここ最近、“鉄もの”の比重が多かったけど、
今回の入れ替えで“ガラスもの”率がアップしたかな。
子供たちと、1点1点チェック・クリーニングを行い、
値づけをしていったのです。
「これ、何円にしたらいいかな?」
と聞くと
「20円!・・・いや、30円!」
と、口々に言う・・・いくら、なんでも安すぎるがなw。
よくよく考えると、彼らが自分たちで買い物をするチャンスと言えば、
近所の酒屋での駄菓子購入時のみ。
時々、そこに連れて行って、
「頭使って買えよ。高いお菓子をひとつでもいいし、安いのを3つ4つ買ってもいい」
と、100円を渡すのです。
つまり、彼らの価値基準は、20円とか30円単位で、最高級品が100円なのだろうw。
さすがに20円、30円では売れないけど、
聴雨居の品物は、かなり“お得”な値づけをしているつもりです。
理由は、シンプルで、口八丁手八丁で、安く仕入れてくるから・・・じゃなくて、
周囲の方々のご好意で、安価な仕入れが出来ているからです。

写真は、ふたりの子供たちが、
「どうしても自分たちが使いたい」
「なんなら売って欲しい」
と懇願された茶碗です。
多分、僕が、子供たちの年齢くらいだった時代のものじゃないかなぁ。
ポップな絵柄が最高です。
明日からの食卓に並ぶことになりました。




「お願いだから売らないで・・」
  と必死なふたりが可愛かったー。
  いつもは どちらがどっちをとるかで
  ケンカになるのに・・
  今回は この二つの茶碗を手元におくために
  兄ちゃんが弟のほしいほうを優先した。


  買ってもらえばよかったなぁ〜 イヒヒ(S)
[PR]
by chouukyo | 2009-11-01 23:37 | 日々