<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0173150_23192528.jpg


11月4日に予定しています
【和紅茶の会】ですが、
おかげさまで定員に達しましたので
受付を終了させていただきます。
ありがとうございます。
聴雨居ではじめて行う企画であり、
わくわくしつつも緊張しています。

この小さな会をみつけて下さり、
ご予約下さった皆様 ありがとうございます。
当日お会いできるのを楽しみにお待ちしております。

==============================

「和紅茶の会」

11月4日(水)
午前の部 10時30分~ 
午後の部 14時00分~
どちらの部も 2時間程を予定。
定員 各6名
会費 3500円
場所 聴雨居(小倉北区 寿山小学校・広寿山福聚寺そば)

佐賀市にある「国産紅茶専門店 紅葉(くれは)」さんより
和紅茶ブレンダー・岡本 啓(ひろし)氏をお迎えしての会となります。
日本の穏やかな気候で育った紅茶の魅力と楽しみ方を
岡本さんが教えて下さる聴雨居での小さな会です。
[PR]
by chouukyo | 2009-10-30 23:29 | 企画
f0173150_11525166.jpg



聴雨居に引っ越して・・
障子の張り替えは はじめて(苦笑)
我家の悪ガキどもは・・
「破ったらダメよ」
と注意したはしから破っていく。
ちょっと破れた箇所を見つけると
指を入れて広げていく・・

障子を張り替える気にもならなかったけど
さすがに ボロボロの障子に限界を感じて
張り替えた。
うん 本当に美しい。

障子の張り替えは
年越し仕事と思っていたけど
しつらいの本を見ると

『障子の張り替えは 元来十月の初め頃
納戸にしまってあった障子をだし、簾と入れ替える前に
穏やかな秋の1日を選んで行った』
とのこと。

午前中に古い紙をはがして 
わくだけもきれいだなぁ
と眺めていると  子供たちが帰ってきた。

「あー 紙がない。どーしたん。」  
「なんで 破らせてくれんかったんっ!」

この美しい障子は
いつまでもつのだろうか・・(S)
[PR]
by chouukyo | 2009-10-29 11:53 | 日々
午後10時に妻とはじめ

さきほど、やっと終わりました。

“ピン”と張った姿は、やはり美しい。

でも

少々、疲れた・・・。

これを書いている今、外では、バイクの走る音が聞こえる。

新聞配達だろう。

おつかれさん。

おやすみさない。

zzzzzzz。
[PR]
by chouukyo | 2009-10-28 03:09 | 日々
f0173150_1471594.jpg


タイトルは、昨日、黒田征太郎さんより、いただいた言葉。
“野たれ死ね”という言葉を“いただく”と聞いて、訳分からない人がほとんどだと思う。
そこには、前後の文脈があり、色々な意味が込められている。
「カッコつけるな。スマートにやろうとするな。楽しくグイグイやろうぜ」と訳せばいいのかな。
うむ・・・なんか違う。
言葉とは難しいものだ。

某会社のカレンダー製作が佳境に入ってきた。
木寺さんと川端さんの3人で制作しているのだけど、僕らとしては自信作が出来たつもりだった。
5パターンのパイロット版を作り、事前に厳しいと評判のご意見番さんにも見てもらい、褒めてもらった(と思う)。
そして、会社にプレゼンを行ったところ、結果は・・・NG。
全面的にNGではなかったけど、僕らとしては、全否定に近いNGだった。
「芸術的にはいいかもしれないけど・・・」とのこと。
芸術的にしたかったわけではない。
そこで働く職人さんたちがまぶしいくらいカッコよかったので、そのスピリットを表現したかった。
それが伝わらず、部分変更を求められているのだ。
変更は予想した上でのプレゼンだったから、変更は平気なはずだった。
だけど、少々、落ち込んだ。
意外と、僕は、撃たれ弱いw。

“野たれ死ね”
この言葉をいただいて、復活出来た。
実は、鬱々とした気分を晴らそうと、木寺さんと焼き鳥を食べた後に
偶然、合流した黒田さんに言われた言葉なのだ。
人間的な大きさがそうさせるのか、キャリアがそうさせるのか
黒田さんは、絶妙なタイミングで絶妙なアドバイスをくれる。
“野たれ死ね”
負けずに、職人さんたちのスピリットを感じとれるカレンダーを再編集して
その会社に持っていこうと思っている。


写真は、今春、黒田泰蔵さんがいらしたときに、聴雨居に置いた花
[PR]
by chouukyo | 2009-10-25 01:48 | 日々
f0173150_23453630.jpg



来月に開催する和紅茶の会の詳細が決まりましたので、お知らせいたします。

===========================
【和紅茶の会】

11月4日(水曜日)
午前の部 10時30分~ 
午後の部 14時00分~
どちらの部も 2時間程を予定。
定員は各6名程
会費 3500円
場所 聴雨居(小倉北区 寿山小学校・広寿山福聚寺そば)

佐賀市にある「国産紅茶専門店 紅葉(くれは)」さんより
和紅茶ブレンダー・岡本 啓(ひろし)氏をお迎えしての会となります。
日本の穏やかな気候で育った紅茶の魅力と楽しみ方を
岡本さんが教えて下さいます。
冬の足音が微かに聞こえるようになったこの時期、
聴雨居で暖かい和紅茶をご一緒しませんか?
==========================

少人数で、和やかに楽しんでいただきたいため、予約制とさせていただきます。
予約やご質問等は、下記のメールにてメッセージを送ってください。
chouukyo@gmail.com

なお、予約をしていただける方は、
(1)参加人数と氏名、代表者の連絡先
(2)午前の部or午後の部 のどちらを希望されるか?
をメッセージの中に記入してください。

駐車場は、聴雨居内に数台分用意しています。
少しずつではありますが、予約が入ってきています。
急がせるつもりなど毛頭ありませんが、迷っている方はお早めに・・・。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by chouukyo | 2009-10-22 00:01 | 企画
f0173150_0261022.jpg満月の美しい夜にー
聴雨居からのおしらせです。

来月、11月4日(水曜日)に
聴雨居ではじめて 和紅茶の会を開催いたします。

佐賀市にある【国産紅茶専門店 紅葉(くれは)】さんより
和紅茶ブレンダー・岡本 啓(ひろし)氏をお迎えしての会です。

聴雨居にお越しいただいた方々にお出ししているのですが
「とてもおいしい!」と、絶賛される
“和” の “紅茶” です。

午前と午後の2回を予定しており、また、満足いただける会にするため
現在、その内容について、色々と考えています。
午前と午後の会は、各6名程度の会になる予定です。

近日中に、詳細をお伝えしますので、
               11月4日は、是非、お時間を作っていただいて
               お誘い合わせの上、お越しください。

追記/特設ページを作りました。
アドレスは、http://blog.goo.ne.jp/chouukyo/です。
どうぞ、御覧ください。
[PR]
by chouukyo | 2009-10-19 00:24 | 企画
f0173150_23131422.jpgf0173150_23133014.jpgf0173150_23133976.jpgf0173150_23135186.jpg



『零12号』の入稿を終えた。
今号は、好評だった前号をさらに押し進めた形で、がらりと変わる。
自信あり。

“紅茶の会”を来月にひかえ、ぼちぼちと準備を始めつつある。
フライヤーを作らないと・・・。
来てね。

とあるバルブの会社のカレンダー作りに参加させていただくことに。
黒田泰蔵さんのアトリエに行かせていただいたときに持参した写真がきっかけ。
どこにどんな“きっかけ”があるか分からないね。やるのみ。

黒田さん繋がりでもうひとつ・・・泰蔵さんの兄である征太郎さんと飲んでいたときに
「遠慮するな。やろうぜ、一緒に。それも、今すぐ」
と、ベロンベロンになりながら。やらんといかん、今すぐ!

写真は、バルブ会社に挨拶に行ったときに携帯で撮ったもの。
「無作為の美」と言ったらいいたのか、製品はもちろん、道具類や働いている職人さんたちが
そこにあるだけできれいだった。
手を加えない方がいいような気がするが、それをさらに引き出すのが、今回の企画だと思う。
アイデアが、頭の中をぐるぐる回っています。
[PR]
by chouukyo | 2009-10-07 23:16 | 日々
f0173150_23441459.jpg



中秋の名月を迎えて、
空気も一段とひんやり感じるようになりました。
聴雨居の桜の木からは 色づいた葉がひらりひらりと落ちてきます。
ちなみに昨日の月が、中秋の名月「旧暦の8月15日の月」でした。
暦で見る中秋の名月は、満月とは限らず・・
今年は、左側がほんのわずかに欠けていていました。
そして、今日が満月とのこと。
昨日も、今日も、小倉の空には、とてもきれいな月が浮かんでいました。

今日、実家に行くと
「よくしたもんで・・・寒くなったら温かいお茶が美味しくなるねぇ」と
母がお茶を入れてくれました。
短い時間だったけれど、ふたりで、ほっとする時間を過ごせました。(S)
[PR]
by chouukyo | 2009-10-04 23:42 | 日々
ONE NIGHT THE ROOSTERSが発表された。
2009/12/29(火)@福岡サンパレス!
大江さんの調子が良いようで、なによりです。

以下、ピアのサイトより引用。

================================
伝説のロック・バンド、THE ROOSTERSが、バンド結成30周年となる今年、
福岡で一夜限りの復活ライブを行うことを発表した。

THE ROOSTERSは、1979年に北九州で結成し、翌年11月にシングル『ロージー/恋をしようよ』で
デビューした大江慎也(vo&g& hrm)、花田裕之(g&cho)、井上富雄(b&cho)、池畑潤二(ds)による4人組バンド。
1983年よりメンバーの加入・脱退が相次ぎ1988年に活動を休止し、
結成25周年の2004年にオリジナルメンバーでFUJI ROCK FESTIVALに出演し解散を発表した。

結成30周年を飾る一夜限りの復活ライブは、12月29日(火)に福岡サンパレスで開催される
音楽イベント「Music Complex 2009」のメインステージで行われる。
“「BREAK LOOSE 2009」 ONE NIGHT THE ROOSTERS”と題し、今年で4回目を迎えるイベントに
花を添える。

今年8月、井上と池畑を中心としたバンドoccupyがイベント「TOKYO NIGHT SHOW」に出演した際に、
ライブ途中から大江と花田が参加しTHE ROOSTERSのナンバーなどをセッションしたが、
THE ROOSTERS名義で正式にオリジナルメンバーが揃うのはフジロック以来5年ぶり、
九州では1982年以来27年ぶりとなる。

数多くのアーティストに影響を与え、大勢のファンを魅了した伝説のロック・バンドTHE ROOSTERS。
いかなるライブパフォーマンスを披露するのか、ファンならずとも注目が集まる。
チケットは9月30日より先行予約の受付をスタートし、 11月1日(日)より一般発売される。
================================

上記の情報にも書いているけど、THE ROOSTERS名義でのライブというのが驚きです。
解散ライブでもあったFUJI ROCK以降、何度かこの4人でライブをやってはいるものの
大江さんは、いつもゲスト扱いで、厳密に言うと、「元THE ROOSTERの4人がやったセッション」であり
「THE ROOSTERのライブ」では、なかった。
つまり、THE ROOSTERでのライブは、永遠に封印されたように思われていたのです。
つまり、THE ROOSTER名義でライブをするということは、「テストに出る部分ですよ~」と念を押したくなるほど、事件なのだ。
それだけ本気で、それだけ自信があるということなんじゃないかな。

またひとつ、ROCKに伝説が刻み込まれるだろう。
[PR]
by chouukyo | 2009-10-01 00:15 | 音楽