<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

プレゼンする企画書のようなものを書けと命じられているわけだよ。
酒を飲み飲み、アレコレ喋ってたら
「うん、それだよ、それ。それ、書いてメールして(はーと)」
てな具合で、書くことになったんだけど、冷静に考えたら、
クロスFM時代から企画書を書くのは、大の苦手だったw。
以前、新番組について企画を書けと言われて、意気揚々と提出したら
「お前、コレは企画書じゃなくて、アイデアスケッチだ!」
と怒られたのを思い出した。(結局、企画は通ったんだぜぃ)

まわりくどく偉そうに書くのって、カッコ悪いと思うから
端的にズバッと書いてやろうと書いてみたら・・・












4行で終わった・・・w。

ありえんな。
せめて、2枚程度になるべく肉付けをしていきます(涙)。

あ、別に僕が、NHKで仕事をするようになるわけではありません。
他の人のための企画書です。
だから、なおさら難しいのです。
[PR]
by chouukyo | 2009-08-24 23:05 | 日々
僕の部屋にはエアコンがない。
エコを意識しているとかそういうわけでもなく、ただ、なんとなくないだけ。
夏の間、あまりの暑さに就寝時だけ、エアコンのある部屋に布団を移動するのだけど
それは、8月に入っての2週間くらい・・・のはず。
今年は、2日間だった。
うーむ、今年の夏は弱かったんだな。

とは言うものの、庭の雑草は、刈っても刈っても生い茂ってジャングル化する。
なんとかならぬものか。

本屋で、文藝春秋が平積みされているのを見かけた。
今号は、恒例の芥川賞受賞作が全文掲載されている号だ。
この芥川賞が読める号だけは、毎回、購入して読んでいたのだけど
なんとなく今号はパス。
ここ最近の受賞作の中では、最も興味を惹かれる内容のような予感がするのだけど
どうも気が進まず、購入を見送った。
買ったまま読んでない本がたくさんあるのも理由だけど、それだけじゃないような気もする。
僕が変わったのか?芥川賞が変わったのか?

10年ぶりくらいに行ったサンドウィッチ屋・・・今も昔も変わりなく、美味しかったし、お客さんも多かった。
スタイリッシュな内装を施したカフェもいいけど、いつの時代も変わらず存在してくれるカフェも貴重だと思う。
パソコンを使ってプリントされた文より、手書きの文に惹かれるように。
[PR]
by chouukyo | 2009-08-23 22:06 | 日々
f0173150_22195854.jpg


「こんな本作っとりますよ」と、黒田征太郎さんからうかがっていた本が出来上がり
早速、購入した。
“Yes!キャンペーン実行委員会 絵本部会”という広島のプロジェクトによる本で
「広島京都議定書」の条文を分かりやすい文章と絵や写真で訳したもの。
見て読んで、びっくりした・・・お世辞抜きで、クオリティーが高い本だったから。
デザインや写真(木寺さん撮影)、黒田さんの挿絵がすばらしく
また議定書の条文を話し言葉で意訳した1行、2行から伝わってくるメッセージ。
「広島京都議定書」というのはつまり、「核兵器を作るのも使うのもやめようや」ということをルール化したものを
なにやら回りくどい言い方で、分かりにくく記したものだ。
それを子供が読んでも分かる形にしたのが、この本なのだ。
声高らかに反戦を訴えるような直接的なメッセージは、この本に書かれていない。
核兵器のない世界について考えるきっかけを与えてくれるだけだ。
だからこそ、おどろおどろしいものでなく、かっこよく美しい本に仕上げる必要もあったと思うし、
その通りになっているのに感銘した。
僕も色々と考えさせられ、こっそりと行動に移してみたりもしている。(大したことじゃないけどw)
「反戦」運動的なものというか、思想が入ったアート活動に一切、興味なかったんだけどね。
残念ながら、自費出版本なので、今のところ、書店に流通してない。
聴雨居に数冊、置いています。
購入を希望される方は、連絡をください。
500円!(安い・・・)です。
あ、そうそう、聴雨居で撮影された黒田さんのイラストも2カット収録されてまっせw。
[PR]
by chouukyo | 2009-08-17 22:53
f0173150_1613389.jpg



お盆中の深夜11時スタートということもあり、正直なところ動員数を心配していましたが
ギャラリーSOAP内の酸素密度が薄くなるほどの方々にお越しいただき
ほっとすると共に、とても感謝しています。
ありがとうございました。

黒田征太郎さん(ペイント)、若林美保さん(ダンス)、谷本仰さん(バイオリン)のセッションだったのだけど
打ち合わせがないどころか、初対面同士もいるほどの状況の中、まずは静かにスタート。
それぞれの呼吸の仕方を伺いつつ、時に挑発するように誰かが場の空気を掻き混ぜる。
それに呼応して、他のパフォーマーが新しいページに飛び込み、色を重ねていく様は
ステージ中盤から後半にかけての会場内の雰囲気を静かにヒートアップさせていた。
1時間くらいだろうか・・・余韻を残したまま終わったセッションに、誰もが酔いしれていたと思う。
久々に過ごした“プロフェッショナル”な夜だった。

写真は、撤収作業中の会場内で、絵を前に談笑する男たち
[PR]
by chouukyo | 2009-08-16 16:26 | 企画
f0173150_9374384.jpg


北九州で、「おもろいことやろう」と集まった集団で作っている本『零 ZERO』。
予定通り、8月10日にリリース出来た。
今回も短編小説をそこで書いています。
自画自賛になってしまうけど、今号は、かなり“良い”内容の本になったんじゃないかな。
木寺一路さんと黒田征太郎さんのベルリンでのシューティングも特集してたり
八木田さんが編集に加わったことで、デザイン的にも一段上のものになったと思う。
今年の春くらいから、“熱”っぽい僕らの何かを感じてもらえると嬉しい。
10号で一区切りと考えると、11号である今号より次のステップに進めたらいいなと・・・。
何はともあれ、攻めていくのだ。
是非、入手して見て読んでください。

=====================================
『零 11号』
北九州のヘアースタイリスト、メイクアップアーティストとFUによる作品集。
オリジナルストーリー「01」を含む32ページ/オールカラー/A5サイズ。
FU.店頭、ブックセンタークエスト(小倉北区)にて購入可能 定価500円(税込)

WEBでの購入も可能です!(送料無料)
ご購入を希望の方は下記の項目を御記入の上こちらまでお申込み下さい。
(1)お名前 (2)ご住所 (3)電話番号(4)希望冊数
[PR]
by chouukyo | 2009-08-15 09:52 | 日々
f0173150_1214149.jpg



黒田征太郎さんのライブ・ペインティング、若林美保さんのダンス・パフォーマンス、
谷本仰さんのヴァイオリン・ライブSHOJIさんのヘアー・スタイリング、
木寺一路さんのライブ・シューティング、濁り目さんの映像、僕の音楽(ちょこっとw)
というイベントを、小倉のギャラリーSOAPで開催します。
“深夜11時開場、12時開演”というだけで、何かが起きそうな気がしませんか?
このメンツが揃えば、何かが起きるのは確定です。
夜の深い時間に始まり、ガ~ッと濃く進行していき、バタッと終わるイベントになりそうです。
是非!

写真は、濁り目さんがデザインしたフライヤーに、黒田さんがペインティングしたもの

=====================================
「黒田征太郎 VS 若林美保」
2009年8月15日 23時開場 24時開演 入場料3000円
会場 ギャラリーSOAP(北九州市小倉北区鍛冶町1-8-23)
=====================================
[PR]
by chouukyo | 2009-08-07 12:23 | 企画
『零11』の最終編集、『黒田征太郎×若林美保』イベント用の写真集を猛烈なスピードで仕上げ
一昨日の夜は、征太郎さん、青山真治さん(映画監督)、大木雄高さん(LADY JANE)らが集まっているバーにお邪魔し
昨日は、黒田泰蔵さん夫妻の来福の知らせを受け、同バーに出動。
いやはや、元気の出る2日間だった。
それにしても、名を成し、結果を出し続けている方々のパワーに敬服するばかり。

次の日のことなんか、考えずに飲み、喋り、笑う
しかし、先のことをしっかりと見据え、休みなく動き続ける

僕は、まだまだまだまだ甘すぎた。
分かってはいたつもりだったけど、遥か彼方にブッ飛ぶほど刺激を受けた。
ユルユルも嫌いじゃないけど、しばらくは封印かな。
“勝負時”ってあると思う。
[PR]
by chouukyo | 2009-08-06 11:07 | 日々
久々に雨の降らない週末。
ジャングルと化した聴雨居の庭に蔓延った雑草を刈る、刈る、刈る。
この時期の草刈りは、なんといっても“虫対策”に尽きる。
それも一番の難敵は、“蚊”・・・昨年の日記にも書いたけど、
「血が欲しければ、いくらでもあげる。だけど、痒みを残していくのはルール違反だぜ」
と、心から思う。
蚊取り線香を腰から2つぶら下げても、ほとんど効果なし。
ネットで色々調べてみたけど、効果的な方法は、ほとんどなく、唯一の方法として
“完全防備で向かう”のみ。

というわけで、まずは、ナフコという量販店に行った。
そこで購入したのは、ネット付き野球帽。
野球帽の周囲にネットが縫い付けてあり、それで顔や首を覆って防衛するという寸法。
あとは厚手かつ身体にフィットすることのない長袖、長ズボンを着用して出陣。
草刈りのスタートと同時に、全身に蚊がまとわりつきだした。
口先から血を吸うための針状のものが見える。しかし、僕の皮膚までは到達しないようで、痒みの発生はなし。
「よしよし、作戦成功だぜ」
と思うのも束の間、耳に痒みを感じ出した。
・・・・・・野球帽なので、つばの部分や後頭部はOKなんだけど、側面つまり両耳の部分は、ネットに接しており
そこの部分だけは、ネット越しにチューチューやられてしまった。
痒い、痒い、痒い!チキショーだぜ、全く。
やられてしまったのは仕方ないから、続けましたよ、草刈り。
きれいさっぱり、見違えるようにきれいになったさ、お庭が。
ただ、刺された部分は痒いだけじゃなく、赤く腫れていて、僕の耳は、まさに
“妖怪ベロ”状態です。

トホホ。
[PR]
by chouukyo | 2009-08-03 00:08 | 日々