<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

タイトルは、ある調べものをしていたときに出会った言葉。
数学の世界で使われ始めたものとのことだけど、数学というものは
あらゆるものを数式によって、証明を重ねていくわけだ。
あることを証明するために、それに付随するものを証明していく必要が出現し、
またそれを証明していく過程で、さらに付随するものを証明してい・・・これが、延々と続く。
真理を追究することに没頭するあまり、ときとして“核”なる場所から離れてしまうことにもなる。
そこで、出てきた思考法がタイトルの
『○○はアブストラクト(抽象的な)・ナンセンスにより真である』
であるというものらしい。
これは、この表現は数学者ノーマン・スティーンロッドによって作られたと言われている。
ここで誤ってはならないのが、彼自身は、“圏論”と呼ばれる付随したものを証明していく大家であったこと。
つまり、「あれこれ考えるのはやめようぜ」と言ってるわけじゃなくて
「考え続けるのも大切だけど、理屈なしにズドーンといくのもカッコいいじゃん!」
と言っているようなものらしい。
思考の渦に巻き込まれることなく、自由に羽ばたけということだろう。
ここで問題なのが、僕のご都合主義なんだな。
この言葉を知ってしまったがために、さらに後先のことを考えないようになるかもしれない。
知らない方がよかったのかも・・・(苦笑)

そんなときに、これまた出会った映像。
バイオリン、ギター、口笛をひとりで操り、また、それらをエフェクターによってループさせることによって
独自に世界を作りだしている。
クラッシックというベースをきちんとした上で、アバンギャルドなことをしているからこそ
“洗練”された世界観を表現出来ているように思える。
同じようなことをしている人も多いけど、アイデア一発で技術が追いついていない人がやるのは
稚拙で、逆に息苦しかったりもする。(そこが評価されることもあるんだけど)
40歳になった今、同じアバンギャルドなものであっても、前者のほうに惹かれるんだなぁ。
と同時に、何事も“基礎”をすっとばしてやってきた自分に焦りを感じるのです。
チキショー…本当の意味での「○○はアブストラクト・ナンセンスにより真である」で言えるように
なってやる…なれると思う・・・・・なれるかな・・・・・・・・・・なれるといいなw。


[PR]
by chouukyo | 2009-07-28 13:30 | 音楽
f0173150_1205735.jpg


8月10日リリース予定の『零』への入稿を終えた。
現在の僕にとって貴重なアウトプット・メディアであるので、これを無事終えたことは
とても喜ばしいことなのです。
今号より、八木田さん(SEE℃)が、本格的に編集スタッフとして参加してくれる。
八木田さんは、アメリカでメディア仕事を経験しており、英語はペラペ~ラ
加えて、中国語も自由に使える環境にあるため、今後の展開に夢が膨らみます。
人口ベースでいくと、英語・日本語・中国語を使うと、世界人口の2/3に対して発信出来ることは
僕らにとって、大きな武器となるはずだ。
「何をでかいこと言ってるんだ?」と揶揄されそうだけど、実は、かなり本気モード。
YMOは、本国日本より先にヨーロッパで火がつき、その後、逆輸入の形で日本でブレークをした。
九州の田舎から、どこまで出来るかやってみようと思っている。
実際、「やりたい、やりたい」だけじゃなく、「やる」のだ。。
そういった理由もあり、今回の『零』への編集作業は、いつもより早めに進めてきた。
いい感じで、廻りだしたような気がする。
[PR]
by chouukyo | 2009-07-27 12:19 | 日々
f0173150_16779.jpg


うむむ・・・言葉が出ないなぁ。
上手・下手を抜きにすれば、文章を書くことは、(きちんと)喋ることより楽に思う方なんだけど
「うむむ……」な感じだ。
書きたいことも感じたことも多くあるのだけど、どうも言葉が出て来ない。
出来事自体の塊りが大きすぎるのだろう。

今日、黒田泰蔵さんのアトリエにお招きいただいた。
何度も本などで見て憧れていたそこに到着した瞬間から、
何百回も「時間よ止まれ」と念じた。
黒田さん夫妻と、黒田さんの器に盛られた奥様が作って下さった
チリコンカンなどを談笑しながら食べている光景なんて
ほんの数ヶ月前に想像でなく妄想すら出来ない。
お二人を目の前にして、料理の味さえ分からず・・・
ということはなく、あまりに美味しくて
4杯もおかわりしたのは内緒なのだ。

フラットにとてつもないことをやり続けている
黒田さんと奥様の時間の中で過ごせたことを
1ミリたりとも無駄にしてはいけないと思うばかりだ。
いや、思うだけじゃいけない。
歩いても走っても這いつくばってもいいから、前に進み続けなければいけない。

これがスタートになるといい。
[PR]
by chouukyo | 2009-07-20 01:41 | 日々
f0173150_05955.jpg


夜遅くに木寺さんと共に、聴雨居に入った。
ある方にお借りした黒田泰蔵さんの花器を撮影するために。
僕は、黒田さんの作り出す妖艶な力強さを撮ってほしいと思っていたが
それを敢えて言うことなく、すべてを木寺さんにお任せすることにした。
聴雨居に到着した木寺さんが、まず口にしたのは
「川の流れる音がいいですね」
ということだった。
梅雨らしい天気が続いていることからか、聴雨居の横を流れる小さな川が
いつになく大きな音を立てていた。
僕は、撮影時に流すと決めていたレコードをターンテーブルにのせることをやめた。
準備運動のように、いくつかのカットを撮り始める。
「うん、決まった」
そう言った木寺さんは、ポケットの中から小さなライトを取り出した。
「部屋中の照明を落としてください」
確信めいた予感とともに、僕はすべてのスイッチをオフにする。
真っ暗闇の中、川を流れる水の音とロングシャッターの落ちる音が
そこにいる者すべてが息を止める中、響き続けた。
[PR]
by chouukyo | 2009-07-13 01:00 | 日々
小学館主催の『第14回 おひさま絵本・童話大賞』で
大賞を受賞された橋本悦代さん。

小倉にそんな方がいるなんて ! 
とRKBラジオで紹介させていただいたのが はじめての出会い。

お会いして お話を伺っていくと・・・
お互いすぐ近くに住んでることが判明 ! しかも・・
橋本さんが 私の子供が通う小学校の卒業生とわかって・・・大興奮。

私は その小学校で読み聞かせのボランティアをはじめて3年目。
早速 読み聞かせの仲間に相談すると
すぐにリーダーが校長先生にお願いしてくれて、
読み聞かせの時間に 橋本さん本人が母校に登場となったのです。

当日は、わたしが担当したクラスで
橋本さんの大賞受賞作品を読ませていただき
子供たちにお話までしていただきました。

絵本が大好きだから、お会いできただけで、とてもうれしかったのに
そんな偶然が重なって・・友達にまで!(なったと思ってまーす)

さらに・・しばらくして 

橋本さんのほかの作品がDVDになることになり・・
「そのナレーションをやってもらえないかなぁ」と橋本さんから連絡が・・。
ものすごく嬉しかったですッ!
6月はじめに収録があり、先日 そのDVDが完成して 自宅に送られてきましたー。
自宅でずっと見ていたら・・5歳の子供がぜんぶ せりふをおぼえてしまいました。(笑)

ただ・・私の声だとわかってるかどうかが・・どうも・・びみょーです。

今回、参加させていただいた作品は2つ。
まずは、『たねねん』

f0173150_12292958.jpg


そして、もうひとつは
『さかなやの魚太郎さん』

f0173150_1230331.jpg


このDVDは販売目的はなく、
千年市場さんという企業の中のセクション・子育てキャラバン隊が 
子育て支援をしている企業を集い、
福岡市内の幼稚園 保育園などを中心に上映される予定とのことです。

こどもたちがこの動く絵本を見て
どんな様子で、どんな反応をするのか・・
こっそりみていたいです。(S)
[PR]
by chouukyo | 2009-07-08 12:32 | 日々
f0173150_22351486.jpg


先日、黒田征太郎さんと飲む機会があり、色々と話を伺った。
僕は、元来、“相談”というのをしないというか出来ない性質(たち)だ。
いくつか理由があるんだけど、何よりも照れくさいから。
そんな中、黒田さんにある相談をした。
「今現在続けている活動をもっと周知させるためにはどうやったらいいか?」
すると、黒田さんは、5分くらい無言で考えて続けてくれた。
僕は、緊張しながら待った。
「もっともっと、やったらいい。火傷するくらい無茶なものを作るべきだよ。視野や視点は間違っていないと思うから
次々と作って、『どうだ!』って投げつけたらいいんだよ」
とかくテクニカルなことや、まとまり具合や他との比較のことを考えがちだった最近の僕を見透かすような言葉だった。
そして、こう言った。
「闇夜に向かってブーメランを放て。ブーメランは投げても投げても獲物を仕留めるまで、戻ってきてくれるから。
闇夜に向かってブーメランを放てばいいんだよ」
泣きそうになった。元気になった。
ブンブン投げるぜ。
[PR]
by chouukyo | 2009-07-06 22:35 | 日々
f0173150_16332298.jpg


梅雨入りしたものの、ほとんど雨が降ることなかったのに
昨晩からの降り様は驚くばかりだ。
最近の気候は、短期的・長期的にみても、オンとオフの切り替えしかないように
激しく突然な印象を受ける。
何か不吉なメッセージでないといいのだけどと静かに思う。
一方で、乾ききっていた聴雨居の庭にとっては、文字通り“恵みの雨”となったようだ。
雨上がりの緑は美しい。

写真は、暮石犬吾による紫陽花。
僕は彼の写真をもっともっと色々な人に見てもらいたいと思っている。
[PR]
by chouukyo | 2009-07-01 16:33 |