<   2009年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0173150_22402741.jpg


古道具と花の相性がとても良いことは、僕があらためて言うまでもないことだけど
暮石犬吾氏(F.u)が撮影した写真を見ると、その思いをさらに強くする。
道端に咲く花であっても美しく、それらを部屋にそっと持ち帰ることから得る何かがきっとあると思う。
饒舌でないからこその伝わってくるものを大切にしていきたい。
[PR]
by chouukyo | 2009-04-28 00:39 |
f0173150_0552624.jpg


疲れがたまっていたようで、今日は昼の間中眠っていた。
夕方5時過ぎに目が覚め、「さて何をしよう?」と。
誘いを受けていたPIKADON PROJECTのベルリン遠征への同行を
泣く泣く断念したこの期間は、こっちで出来ることを精一杯やるぜと決心しているため
ある本のために文章を書いた。
障子越し(僕の部屋の出入り口は障子なのです)に差し込んできた夕暮れ時の陽の光が
とても柔らかで、少しばかり外に出てみようと思いついた。
隣の部屋で遊んでいた長男を誘い、庭でキャッチボールをすることに。
少々とっ散らかっていた頭の中を整理するためにも、このキャッチボールという作業は
僕にとって、とても有効なのだ。
ボールの回転を意識し、指先から離れるボールを切るように相手の胸めがけて投げる。
受け止めるボールは、グローブのネット部分中央よりやや下側で受けると、“パーン”と心地良い音をたててくる。
途中、何度か長男がとりそこない、草むらの中に隠れてしまったボールを探すのに手間取った。
「ひとつのボールを大切に大切に扱おうぜ」
と、僕と長男は、這いつくばるようにボールを探し、そのたびに見つけ出す。
失いかけたボールを再び手に入れた長男は、走って、自分の定位置に走って戻って行く。
初々しいその姿勢に僕も小走りで、自分の定位置についた。
長男の背後では、新緑眩い桜の木が風に揺れていた。
[PR]
by chouukyo | 2009-04-27 00:55 | 日々


最近、まじめな話題ばかりだったので、ちょっと一休み。

『箸道』というものをご存知でしょうか?
日本文化を美しくしているもののひとつに、“箸”がある。
ナイフやフォークといった金属でなく、木や竹のような柔らかな素材で作られた箸で
食事をする文化であったからこそ、エッジのきいた食器が多いと何かで読んだことがある。
その“箸”使いの猛者たちが集まり、日々鍛錬された技を競い合う大会が聴雨居で開催された。
今回のお題は、春なのに『秋刀魚』。
頭と尻尾のみを残し、骨を断ち切らず、いかに“きれい”に“早く”食べるかが審査の基準となる。
また、礼に始まり礼に終わることは言わずもがなである。

というのは、もちろん冗談で、先日行われた『月刊 零』の撮影を終えた後、
スタッフみんなでバーベキューを行い、その余興として行われただけのことだw。
でも、盛り上がった。
楽しければ、何でも良し。
[PR]
by chouukyo | 2009-04-21 15:54 | 企画
f0173150_1175666.jpg


思いもかけない展開を迎えている(かもしれない)聴雨居だけど
何よりも大切なことは、僕ら自身がどう進んで行くかということで
失敗を恐れずに進み続けることなんだと思う。
今日(正確には昨日)、妻は門司にある赤煉瓦プレイスにオープンされたカフェで行われた和紅茶に関するワークショップへ。
僕は、庭に草刈りをした後、仕入れに行った。
黒田兄弟のように泳ぐことを止めてはいけない。
小さくても回遊魚であることは出来るはずだから。

明日(正確には今日)、聴雨居を建てた劉寒吉氏の命日だ。
僕は運命や神様のような非科学的な事象を信じる方ではあるけど
一方で、そういったものに縛られることを嫌う性質だと自分のことを思っている。
それでもなお、先週から起きた数々の出来事に対して、そういったことを認めざるを得ないほど
夢のような日々だった。
たった数日前のことでさえ、遠くにある幻想のようにさえ感じてしまう。
まずは、劉寒吉氏に感謝しよう。
妻は、花を手向けるだろう。

■写真は、暮石犬吾氏による聴雨居の庭に咲く乙女椿
[PR]
by chouukyo | 2009-04-20 01:18 | 日々
f0173150_037173.jpg


聴雨居に黒田征太郎氏に続き、その弟ご夫妻まで来ていただいた。
(その方が誰であるかは・・・ググッてください)
もう、「何が何だか分かりません」状態でございます(苦笑)。
またまた元気の出る話を聞かせていただき、怒涛のごとく過ぎた1週間に
身体は、くたくただけど、頭の中はとてもクリアーだから不思議だ。
一流の人の一流たる所以を突き刺さるように感じたからかもしれない。
聴雨居に突如流れ出したこの出来事たちが、僕らの発火点になるといいなと思う。
あきらめずに続けるのみです。

写真は、F.uの暮石犬吾氏による新緑が眩い聴雨居の桜
[PR]
by chouukyo | 2009-04-19 00:39 | 日々
f0173150_24471.jpg


毎月第2火曜日という中途半端な曜日(笑)で開催を続けているレギュラーパーティー【Air Silky】。
今月も無事、終了しました。ご来場くださった方ありがとうございまいした。
気がつけば、このレギュラーパーティーが、もうすぐ3年目に突入する。
フライヤーも作らず、告知もほとんどせず、やりたい放題やっているパーティーだけど
毎回、たくさんの人が来てくれて感謝です。
(なんでも平日のイベントの中では、1位か2位の動員があるらしい。。。)
3周年を記念して、なんか大きなことをやるかもしれないし、やっぱりやらないかもしれない。
まあ、これからも、マイペースにやっていきますので、よろしくお付き合いください。
[PR]
by chouukyo | 2009-04-16 02:08 | 音楽
f0173150_0275948.jpg



聴雨居に黒田征太郎氏にお越しいただいた。
元気の出る話を聞いた。
震えた。
[PR]
by chouukyo | 2009-04-13 00:33 | 日々
f0173150_11194938.jpg


聴雨居の桜の木の下で
[PR]
by chouukyo | 2009-04-11 11:19 | 企画
f0173150_17311040.jpg


f0173150_17311945.jpg


f0173150_17312812.jpg



文章書きとして参加している『月刊 零』。本日、めでたく9号が発売された。
今号は、久々の野外ロケを敢行・・・平尾台にて撮影したものを1冊の本にまとめています。
この本用に、『カワル』という短編小説を書いたのだけど、今回ばかしは難産だったなぁ。
文章を書くことに関して、その速さだけは(内容はともかく)あまり悩んだことないのだけど
なぜか、なぜか、今回は進まなかった。
まあ、そんなこともあるさ。
血反吐を吐くような思いをした書いた『カワル』を是非、読んでください(笑)。

また、『月刊 零』の記念すべき10号目は、その撮影場所に聴雨居を使ってもらった。
「桜の美しい時期に、和服の女性を」ということで、今週の月曜日に撮影が行われた。
今日の写真は、そのときに撮影されたもの。
匂いが伝わってきそうな写真だね。
10号も良いものに仕上げたいな。
[PR]
by chouukyo | 2009-04-10 17:36 | 企画
f0173150_0191393.jpg山口県周南市に、『R』というショップがある。
昨年は、山口県それも周南市に行く機会が多くて、
時間が許せば、『R』に行っていた。
そういえば、そこで開かれた木工ワークショップに参加したな。
自分的にはエロティックな曲線美に満ちた木スプーンを作ったつもりだったのに
「性格が曲がっているんだろうね~」
と妻から知り合いから言われ続け・・・、自信を・・・・・・・・・・・・深めたw。
オーナーの中木さんの視点で集められた作家さんの器やアクセサリー、
小物たちや古道具は 一見の価値ありです。
また、『R』は、いろいろな企画を仕掛けることも多く、
聴雨居も見習わなければと思う点多々でございます。
さて、その『R』よりイベントのお誘いメールをいただきました。
下記に紹介します。



お元気ですか?
みんなでこんな事やります。

ボクタチノフウケイ

拝啓、桜花の頃に日に日に春めいてウキウキしてきました。
さあ、出かける時間です。
「僕達の風景」と題した
細やかな“桜のおまつり”のお誘いしたくて・・・
あたらしくて、どこか懐かしい時間を一緒に過ごしてみませんか?

【日時】 平成21年 4月12日(日)
【時間】 1部 13時~16時
     2部 16時半~18時半 
      華厳寺 JUNNアコースティックLIVE(有料)
【場所】 山崎八幡宮 ・ 華厳寺
 
 追伸 お花見の支度をしてお待ちしています。

【参加ショップなど】
Aroma drops
あけぼの園
DEGREE
fruit company
ガーデンカフェ日日
ほり たろう
JUNN
ju-gu
松原正三
Milton coffee Roastery
Nobuya
大中和典
大山求 hobo
R sona
tazz
YAMAMOTOYA

春の日に何かを感じてきっかけを掴むことで
素敵な一年を過ごしていただきたい・・・
昔は街の中心だった八幡宮やお寺に新しい光を当てることで
もう一度人が集って何かが始まる力になればと思っています。
そんな思いで始めた春のお祭りのイベントが今年で
2回目の開催となります。
1部では山崎八幡宮、華厳寺で
お店それぞれの販売、ワークショップ
作家によるワークショップやインスタレーション、作品展示、販売。
2部では華厳寺にてJUNNアコースティックLIVEを開催します。
それぞれの奏でる風景を感じて体験してみませんか?

R 中木


お時間のある方は、是非、足を運んでみてください。
おすすめでっせ。

写真は、このイベントにも参加する『ju-gu』です。
オーナーの女性が手を入れて再生した家具を売っているショップ。
ここの家具だけで、1部屋作りたいと思うナイスな(死語w)家具屋だ。
[PR]
by chouukyo | 2009-04-09 23:23 | 企画