<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

文章書きの締め切りを間近に迎え、重い腰を上げて書きはじめたとき
「ちょっと相談がある」
と妻が・・・。
僕に拒否権があろうはずもなく、階下へ向かいました。

明日に本番が迫った生放送用の衣装チェックをして欲しいとのこと。
そこには、幾種類かのキンキラ衣装が準備されていました。
あれこれ組み合せて着てみて、決定しました。
北京オリンピックのときの江頭2:50みたく全身ゴールドです。
アバ・ゴールドのゴールドらしいのですが、エガ・ゴールドかもしれません。
まあどちらにせよ、ゴールドです。
ラジオだけど、ゴールドなのです。

ちなみに、明日は久々に僕もcross fmに行きます。
息子たちを招待してくれたステーションに感謝です。
子供たちはとても楽しみにしているみたい。

明日ですよ~、みなさ~ん。
サテライトスタジオになっているので、観覧出来ます。
お時間ある方は、是非!(と言っていいのだろうか・・・)

詳細は、ココです。
[PR]
by chouukyo | 2009-01-30 11:32 | 日々
f0173150_232756100.jpg


f0173150_2328238.jpg仕事を終え、食事や風呂も終え、子供たちが眠ると
我が家にやっと“夜”が来ます。
この時間に制作をしたり、本を読んだりすることが
僕にとって、とても貴重なOFFな時間なのです。
先日、月刊でリリースしている『零』という本のために
短編を書いていると、階下から???な音が聞こえてきました。
「呪いの歌か?」と耳を傾けると・・・・妻が歌っていましたw。
よくよく聞いてみると、ABBAのDANCING QUEENでした。
なんでも勤め先のラジオ局で、映画・マンマミーアの特別番組をすることになり、
その企画としてオンエア上で歌ったり、歌ったり、歌ったりするそうですw。
ラインアナウンサーの5人が出演して,歌ったり、歌ったり、歌ったりするそうです。
ちなみに妻は、同曲のメインの旋律でなく、低音パートを担当しているとのこと。
つまり、ハモり部分の低音パートを一人練習しているので,
「聞いたことあるような、でも絶対違う」不思議な曲として僕の部屋に漏れ聞こえてきたのでした。
と言う僕も、『絶対音感』ならぬ『絶対音痴』なのですが・・・。

「呪いの歌」云々のことは、他の4人へ即座に報告がいったようです(涙)。

というわけで、この番組のことを宣伝することでお茶を濁そうという作戦です。
僕と一緒に映画以上の感動を分かち合おうではありませんか!

======================================
「MUSIC HISTORY THE MUSICAL~北九州の中心でマンマ・ミーア!と叫んでみる?」
1月31日(土)16:00~17:00

crossfm北九州スタジオから生放送!
映画「マンマ・ミーア!」の公開を記念して、ABBAを大特集。
cross fm DANCING QUEENSいざ出陣!(←妻たちラインアナウンサーの方々です)
前代未聞のラジオ・ミュージカルにチャレンジ!!
ドラマあり、ダンスあり?歌あり?衣裳まで!?(←ラジオなのに、衣装合わせしてたみたい)
ラジオ番組の常識を覆すこと、間違いなし!
今だかつてない空前絶後のプログラムが遂に幕を開ける!!(←抱腹絶倒かも・・・)
お見逃し、お聴き逃しなく!
======================================

・・・です。
ちなみに、映画「MAMMA MIA」のホームページは、ココです。
[PR]
by chouukyo | 2009-01-29 23:34 | 日々
f0173150_0234559.jpg

[PR]
by chouukyo | 2009-01-25 00:24 | 日々


長男と一緒に風呂に入っていると、気に入って暗記した詩を言葉にし始めました。

f0173150_235337.jpg
かるた  たこあげ  げんきなこ
こけし  しもやけ  けやきのめ
めだか  かげふみ  みずすまし

しがつ  つみくさ   さくらもち
ちまき  きつつき   きりのげた
たうえ  えひがさ   さくらがい

いなか  かなかな   なつやすみ 
みさき  きいちご   ごむぞうり
りんご  ごいさぎ   ぎんやんま

まつり  りんどう   どうわげき
きのみ  みのむし  しかのこえ
えいが  がいとお   おおみそか


阪田寛夫さんの「年めぐり」という詩だそうです。
恥ずかしながら、僕はこの詩を知りませんでした。
1月から12月の日本の移ろいを、しりとり風に詠むこの詩の美しさに感銘し
何度も何度も繰り返してもらいました。


まさに情景が滲み出てくるような美しい言葉の流れです。
さらに日常使いの言葉で端的に射抜くような強さも感じます。
無駄なものを削ぎ落としたミニマムな建築のようでもあります。
文章を書くことをライフワークにしたいと思っている僕にとって
目指したい道標がひとつ増えました。
[PR]
by chouukyo | 2009-01-19 23:13
聴雨居は、足立山の麓に位置します。
多分、車で10分くらいしかかからない市街地よりも確実に寒いです。
乗っている車に外気温を表示するメーターが付いているのですが
聴雨居と市街地とでは、2~3度違うことも少なくありません。
今日も、小雪がちらついていました。

さて、FMで番組制作をしていた頃、初雪が降ると必ずオンエアしていた曲がありました。



STING/ENGLISHMAN IN NEW YORKです。
多分、このPV映像ゆえでしょうね。
僕が10代後半のときにリリースされた曲で、多少、ひねくれた生活をしていたこともあり
とても心に響き、また救ってくれた音楽でもあるので、思い入れが強いのかもしれません。
ラジオ製作に復帰することがあれば、また毎冬オンエアだろうな。

ちなみにこの映像も好きです。



スティングのような大人の男になりたいもんだ。
[PR]
by chouukyo | 2009-01-12 00:28 | 日々
元日の早朝、家族全員で早起きして風師山に登ってきました。
初日の出を見ることと、山頂付近で振舞われているぜんざいを食すことが目的。
寒波襲来のため、残念ながら日の出を見ることは叶わなかったけど
しんしんと降る雪と、白く塗りつぶされていく山の中を歩いて登ったのは
それはそれで楽しかったです。

山頂に掲げられていた国旗が音を立てて翻る様は、寒さにうつむきがちだった背筋を伸ばしてくれました。

f0173150_23493796.jpg


また、雪で薄化粧をまとったような木々の肌に、心を洗われるような気持ちになりました。

f0173150_23501173.jpg


さて、正月気分もそろそろ抜けたので、もろもろスタートです。
今年は、聴雨居を舞台に攻勢をかけていきます。
やるぜ!
[PR]
by chouukyo | 2009-01-06 23:51 | 日々
f0173150_1523180.jpg


新年あけましておめでとうございます。

さきほど、自宅近くの本通寺に初詣に行ってきました。
到着すると、まず本堂に入ります。
ここに参拝した目的のひとつである天井画に目を向けました。
合計222枚の天井画は、重機設計の図面を書く仕事をしていた方が、
退職後、住職さんの意を受け、7年半かけて描いたものだそうです。
日本の野山に咲く花々を中心としたそれは、仕事柄からかとても丁寧に描かれています。
息詰まるような緊張感や迫力を誇るものも多い寺院の天井画から予想していたものでなく
それはとても心の落ち着く暖かい絵でした。
絵を描くことが大好きな長男は、教えたわけでもないのに天井に目を奪われていました。
子供の心をもつかむ・・・そんな天井画です。

さて、広々としたそこでは、住職さんと参拝客たちが厳かに和やかに読経がなされており、僕ら家族4人も、その輪の中に入りました。
続いて、住職さんの話に耳を傾けます。
昨今の不況に関する問題について語られはじめました。
それはきれい事だけでは生きていけない厳しさを伝えるもの・・・経済的な自立の大切さの話です。
お金は大切で、お金と縁を切ることは出来ないけれど、お金だけでも駄目なんだと話は展開していきます。
そして、タイトルに書いてある内容のことを話されはじめました。
どんなに良いものを食べようとも、そこに“心”がなければ不幸だよということ。

『お金が大切なのか?愛が大切なのか?』

どこかで必ず聞いたことがある命題です。

『吾唯足知(われ ただ たるを しる)』

“足る”を“知る”こと・・・今年の抱負にしたいと思いました。
[PR]
by chouukyo | 2009-01-01 01:00 | 日々