カテゴリ:庭( 6 )

f0173150_12421897.jpg



聴雨居室は、劉寒吉さんという小倉にいた小説家の旧居を借りてやっているのですが
建物を取り巻く庭の手入れにGW中はかかりっきりでした。
剪定などという、なまやさしいものではなく、来るべく夏に備えての雑草対策です。
根がはびこり、また球根も増殖を続けた庭は、夏になるとあっという間にジャングルになってしまいます。
というわけで、耕運機のレンタル(便利な時代だ)をして、ひたすら土を掘り起こし
シャベルと鍬を使って、土をならす、ならす、ならす。。。のGW中でした。
鍬で水道管を破ってしまって、庭が水浸しになったりのアクシデントもあったけど
満足いく仕上がりになったかなと。
しかし、夏になればというか夏を待たずに、新しく雑草が生えてくるんだろうな。
恐ろべし、雑草魂w。
しかし、きれいになった庭は気持ちいいものです。
今週末は、花の咲き終えた木々の剪定をしよう。(K)
[PR]
by chouukyo | 2012-05-07 12:43 |
f0173150_22354558.jpg


今日 花屋さんで仙人草と秋明菊を買ってきた。
10月の花会は・・第1週目
無意識にいろいろ考える
[PR]
by chouukyo | 2010-09-26 22:36 |
土日・・雨
「刈った草を燃やせないなー」
と不服そうにしていただんな
この一角をみたら・・・

一雨ごとにすごい伸び。

週末は 草取り・・やね。 



f0173150_1075494.jpgf0173150_1081777.jpg


写真左はほとんどがどくだみ
花が咲きはじめました。


f0173150_1010334.jpg f0173150_1931380.jpg

気になっていた「どくだみ茶」作ってみようかな


f0173150_19322967.jpg午後7時20分
日韓戦がはじまった
うわっ 
キックオフから6分 
韓国がもう点入れたー
[PR]
by chouukyo | 2010-05-24 10:13 |
f0173150_15495382.jpgf0173150_1645991.jpg


f0173150_1655724.jpgf0173150_1663074.jpg


f0173150_1675668.jpgf0173150_16125478.jpg


花も好きだけど・・葉も大好き!
今の季節はたまらない
山を眺めても いろんな緑にドキドキする

写真は庭の 
山あじさい  斑入り山ぶどう  菊  槇  月桂樹  紫陽花 
さるすべり  すみれ  もみじなど・・

斑入り山ぶどうと山紫陽花を山野草展で買った時
育てたおじさんが走ってきて 

「今の季節は絶対に水を絶やさないでね」と。

大事に育てたことが伝わって・・
売りたくないようにも感じました。

山紫陽花は
どんな花か・・色も知らずに買ったのですが
花が咲いた時は宝石みたい・・と感動でした。
斑入り山ぶどうは
葉の形が不思議で・・
茎は赤く、
葉にはうすいピンクが入ってとても美しい。

二つの鉢をならべたり あわせたりしながら
なげいれすると・・とイメージする。

菊の新緑も美しくて 
山紫陽花と山ぶどうの横にならべたんだけど・・・
菊の葉があじさいの花のようにも見えます。
そのうしろに地植えしたオダマキ。
いろんな緑の中 オダマキの葉の独特な緑が際だちます。
このスポットが好きで 水をやりながら毎日眺めます。

あ・・
子供たちに葉っぱの標本をつくらせるってよくない!?
庭図鑑もいいねー
今年の夏休みの宿題に・・・・(ニマー)
うまーく のせないけん(笑)
[PR]
by chouukyo | 2010-05-23 16:13 |
ニワゼキショウ(庭石昌)


f0173150_2116439.jpg


かわしまよう子さんの「草手帖」によると

アヤメ科 花期 五月~六月 多年草
北アメリカ原産の雑草
日本には明治時代に渡ってきた。
当時は植物園に植えられていた・・・

となっている。

今 庭中に足下にふわふわ浮くように咲いていて・・
つま先立ちになって歩けなくなる(笑)
踏みたくないなーって。
つぼみはまんまるだ
[PR]
by chouukyo | 2010-05-23 00:00 |
高速道路が1000円だそうで、どこかに行こうかと計画をしかけたこともあったけど
結局、どこにも行かず、近場で楽しんだ。
最も近いところ・・・というわけでもないけど、昨日と今日は、聴雨居の庭の草刈り、刈り、刈りでしたw。
除草剤を使わずにやっているので、この時期からの作業は、“草刈り”というよりは“開墾”に近いものがある(苦笑)。
でも、庭がきれいに広々となっていく様はとても気持ちよく、天気が良いこともあって、家族4人総出で楽しんだ。

僕は機械や鎌を使って、木々の下草や枯れた冬の植物を伐採。それらを竹ぼうきなどを使って、いくつものブロックにしていく。
子供たちは、草そり用のそりを使い、そこに刈り取った草を入れて、草焼き場に持って行っていく。



f0173150_0324820.jpg


これが意外と助かるし、子供たちも遊び感覚でやれるようで、面白いように作業が進む。



f0173150_0343881.jpg


だがしかし!
どんなに楽しいことでも、すぐに飽きてしまうのが“人の常”・・・・・・いや、“やつらの常”。

なんだか、嫌な予感がするのです。



f0173150_036232.jpg


やっぱり、やつらは、期待を裏切らない。
ほどなくして、暴走を始めたw。
とても楽しそうだ。



f0173150_037326.jpg


そして、彼らは、そのままどこかに消えた。



f0173150_038051.jpg


はい、さよーなら。
[PR]
by chouukyo | 2009-05-06 23:17 |