2009年 03月 09日 ( 1 )

f0173150_17277.jpgf0173150_173410.jpg



知人のヴァイオリニストが出演するコンサートに家族4人行ってきた。
ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、ギターの4人によるソロあり、コンビありの
とてもカジュアルなコンサート。
八幡西区黒崎の小さなピアノバーの営業時間外(昼間)をレンタルして開催されたそのコンサートは
月並み以上に月並みだけど、「音楽ってやはりいいな」と感じた。
昼ごはんを食べるタイミングを逃し、空腹を感じつつ会場入りしたんだけど
そのせいでイライラしていた気分が、瞬く間に満たされていくのを感じた。

「いつもは、独奏やピアノとの組み合わせで弾くことが多いのですが、
今回、チェロの低音が加わることによって、とても引き締まった音で響いているように感じます。
何よりも、本当にヴァイオリン自体は、チェロの低音に共鳴して振るえているのを
弾きながら実感出来るのが気持ちいいです。」
とヴァイオリンを弾く女性がMCで言っていたのが、心に留まった。
CDでは経験出来ない、現場の息遣いを共有出来るのは、コンサートならではだ。
“よく遊び、よく学べ”だね。

チェロを弾いた男性は、現在、東京で活躍している方で、
彼が、北九州に帰ってくるタイミングに合わせて急遽、決まったこのコンサートは、
直前に一度合わせただけなのに、さすがプロ集団!・・・ハイクオリティーなアンサンブルに
ただただ驚くばかり。
このコンサートは、今回が最初で、今後も続けていきたいとのこと。
ん?
今回とは違ったアプローチで、聴雨居でお座敷ライブなんていうのはどうだろうか?

写真は、その後に行った遠賀川の風景。
菜の花が、咲きほこっていた。
タイトルは、写真家・木寺一路さんのブログのメインコンテンツのパクリw。
僕が、毎日、巡回するブログのうちのひとつです。
[PR]
by chouukyo | 2009-03-09 01:08 | 日々