野焼き後の平尾台

f0173150_23432271.jpgf0173150_23433292.jpg


f0173150_2343495.jpgf0173150_23435738.jpg



朝、6時に起床。
何故か、鑑別所(不良少年が収容される場所)に入所する夢を見た後
(僕はえてして真面目な人間です)だったので
とても憂鬱な気分のまま目覚めた。
今朝の外気は、とても冷たく、もう少し寝ようとも考えたけど、意を決して起き上がる。
今日は、箱崎宮の骨董市の日・・・仕入れの日なのだ。
起きて10分後に出発し、ちょうど1時間後に箱崎宮に到着。
寒いながらも天気は良く、7時半という早い時間にも関わらず、業者から個人がごった返していた。
聴雨居は、"花を売らない花屋”なので、もちろんターゲットは。“花”に関連するアレコレ。
知り合いの出店者の方々からスタートし、いつも通り、
一回り目は足早に、二回り目はじっくりと、そして3回り目を超速で周りつつ買い付けしてきた。
今回は、ヨーロッパアンティークとガラスものをメインに攻める。
収穫は・・・・・・眠い中、行って良かった!
大小様々、数十点を購入した。撮影したら、紹介します。
聴雨居の商品は、かなり安いと言われる。
何故か?・・・・・・その理由は、ありえない値切り方をして、買い付けてくるから。
ただ、値切るだけじゃなくて、かなりまとめて購入するので、出店側にとっても利益はある(ハズ)。
ホンの少しの間だけど、出店側の仕入れのアルバイトの経験があるので、原価らしきものが分かるのが強みかな。
つまり、安く仕入れているものを安く売っているというわけだ。
卸し、買い付け、購入の3者みんながニコニコ商法なのですw。

そのまま、北九州へ帰り、子供たちのリクエストでパン屋に行き、遅めの朝食。
あまりの天気の良さに、そのまま帰る気分にもならず、野焼きをしたばかりの平尾台へ。
おいしいパン屋でたらふく食べた子供たちは、後部座席で爆睡している中、さっぱりとした平尾台の景色で
リラックスしてきた。
それが上の写真です。
これから、ここに新緑が芽吹き、色とりどりの平尾台の花景色が移ろっていくのだろう。

帰宅後、着替えて聴雨居へ。
家族4人総出で、庭に出て、草刈りや植樹や花の植え替えをした。
聴雨居の花を楽しむ会は、準備されている花だけでなく、庭に咲いている花も自由に使っていただくようにしている。
そのためには、1年を通して、「使いたい」と思っていただける花をたくさん庭に咲かせておきたいのです。
これからも、スタンダードなものからアバンギャルドなものまで、庭に植えていこうと思っている。
そのために、瓦礫だらけの箇所の土作りも始めたので、今日は腰や腕がパンパンだったりするのです。
邪魔をしているのか役立っているのか微妙だけど、子供たちも手伝ってくれた。
ここの場所には、今月の『花を楽しむ会』で使ったクリスマスローズの苗を植え替えした。
来年も咲くといいな。

f0173150_0375293.jpg

[PR]
by chouukyo | 2009-03-15 23:43 | 日々